私は基本的にあまりドラマを見ることはありません。でも、今あれだけは欠かさず見ているんです。というかはまっています。何かというと、「フランケンシュインの恋」。ご存じ綾野剛さん、二階堂ふみさん主演のドラマです。
最初第一話を見たときは驚愕でした。ありえない展開と現実離れした脚本。こんな森の中に120年も一人で生活できるわけないじゃないかーーー!!!しかもこんな家がこんなところにあったらすぐにばれるし!!とか、そんな家に二階堂ふみさんがちょこちょこと簡単に通えるのもまた不思議で。とにかくツッコミばかりいれまくりです。
ただ、ある日見方を変えてみたらやけに楽しくなってしまいました。「現実的な世界でおこるファンタジー」なんですね、これは。だからおとぎ話なんです。だから、逆にありえる話や現実的な展開であってならないのです。すべてが「ありえない話」でないといけないんですね。
こないだ見てているときに一昔前の「シザーハンズ」をふと思い出しました。綾野剛さんの演じるキャラクターと、ジョニーデップが演じたキャラクターが良い感じでシンクロしている感じが好きです。
「倍返しだ!!」的な現実的な世界の話もまたいいですが、こういったファンタジーもまた気持ちに余裕ができていいのではないかと思います。