私の好きな俳優、ジェフリーてんラッシュについて書きたいと思う。初めて観たのは「シャイン」。ただ者ではないと思った。それからずっと後になって「クイルズ」を観た。これはすごかった。怪演。SMのSの方の語源になったマルキド・サドの伝記的な映画。拷問のシーンとかすごかった。舌を切られるシーンは恐かった。切る所まではなかったけどケイト・ウインスレットも良かった。それから映画館で観たのは「英国王のスピーチ」これも好演。芝居をやってきた役者さんという感じでした。本当に舞台出身かどうかは知らないけど。それから娘に進められて観たのは「鑑定士と顔のない依頼人」これも良かった。娘がこういう映画の良さがわかってうれしい。それにラッシュの良さもわかってうれしい。最初「英国王のスピーチ」に出てた人と言われて、てっきりコリン・ファースの事かと思った。そして、ラッシュの映画を他にも何か観たくて借りたのが「優しい本泥棒」。これも良かった。古い時代のお話で、ユダヤ人が捕まったりしてた頃。戦争中。女の子が主役。ラッシュはお父さん代わりのおじさんの役。金髪の男の子も良かったなあ。切ない。お母さん代わりのおばさんも良かったなあ。エミリー・ワトソンだあ。キレイモ 予約